終末医療はどのようなものなのか

病気は治す事が前提になっていますが、病気の進行度が早く治療の施しようがない場合があります。
こうなった場合に患者本人や家族は、残された期間をどのように過ごすか決定する必要があります。
ターミナルケアと言われるデリケートな治療は完治を目指すものではありません。
病気で余命がわずかな人の他にも、老衰の人や認知症の人も含まれます。
こういった人が人間らしく生活出来る期間を出来るだけ確保して、残りの時間を充実させるのがターミナルケアです。
家族だけで面倒を見ていくのは難しい場合もあるので施設を利用する場合もあります。
具体的に行っていくのは、身体的ケアと精神的ケアになります。
身体的ケアは不自由になった身体の補助をしてあげる事です。
食事補助や排泄補助などを行なったり、痛みがある場合に投薬を行う行為です。
精神的ケアは不安になりがちな患者に寄り添ってあげたり、趣味の物を周りに置くなど精神的安定を高める治療です。
患者の心理状態を理解して行っていく必要があります。

sub置換

Copyright© 医療 All Rights Reserved.