地域完結型の在宅医療は増加傾向にある

病院完結型から地域完結型の医療への転換が進められていく中で、注目されているのが在宅医療です。
在宅医療を専門とする在宅医が在宅看護師などとともに、自宅や地域の介護施設などで療養生活を送る患者に医療を提供しています。
在宅医療の中心を担うのは、在宅医です。
定期的に患者の自宅などを訪問して、診療をおこなったり、通院できない患者の要請時、または容態が急変したときに24時間体制で駆けつけて治療をおこなったりします。
24時間体制で在宅医療を提供する診療所は、在宅療養支援診療所という名称が与えられています。
在宅医療を受けるには、高齢者や末期のガン患者、慢性的な疾患を抱える患者が中心です。
そのため、医療行為だけでなく、訪問看護師による看護ケアや理学療法士や作業療法士によるリハビリテーションなどの介護サービス、そのサービスを受けるためのケアマネジャーによるプランの作成など、さまざまな専門職のかかわりが必要となってきます。
多職種が連携して、患者の生活を支えているというのが大きな特徴です。

sub置換

Copyright© 医療 All Rights Reserved.